釣りで一息。

釣りが好きです。釣り以外もいろいろ好きです。

スコーピオン 1752R-2をしばらく使ってみてのインプレなど。


こんにちは、訪問ありがとうございます。

 

前回は20ツインパワーの使用感をアップしました。

今回は、昨年9月に購入したスコーピオン1752R−2について。

1年ほど使用してきましたので、個人的な使い心地などをまとめてみました。

www.tsuridehitoiki.com

 

スペック

まずはスペック概要をおさらい。

全長:7'5" 7'6"(※なぜか公式には7'6"とあります・・・)

(※2021/11/13追記 全長7'5"→7'6"に訂正 全長の表記について、コメント欄にてとてもわかりやすい説明をいただきました。通りすがりさん、ありがとうございました!)

自重:147g

適合ルアーウェイト:7〜28g(1/4〜1oz)

『適合ルアー表』というものが公式にありましたので見てみます。

f:id:baseballlll:20211112004021j:image

出典:シマノ公式サイト(製品情報ページ)

この一覧によると、

最適:テキサスリグ、ラバージグ、キャロライナリグ、バイブレーション 、ミノー・ジャークベイト、シャッド、トップウォーター、スピナーベイト 

適:ライトテキサスリグ、クランクベイト

可:ヘビーダウンショット、ノーシンカー

となっています。

 

ここからは使ってみて感じたことを。

 

とにかく遠投出来る!

長いだけじゃありません。綺麗に竿を曲げてバット付近の強い反発力で飛ばせます。

流石はキャスト名人の作る竿だけあって、遠投性能は素晴らしい。

気持ちよく飛ばせるのは1/2〜1ozの範囲です。

 

パワー

ロッドパワーが数字表記というのはジギングロッドでしか経験がないので、この2とは実際に使ってみるとどんなものだろう?と思っていました。

感覚的にはMとMHの間くらいといったところで、しかし負荷をかけるとベリーの根元あたりまで素直に曲がってくれます。

1kgくらいのバスでもかなり曲がりますが、でもまだまだ全然余裕だよ〜という感じ。

キャストにしても魚を掛けてからのやりとりにしても、しっかりと曲げることで力を引き出すロッドで、3〜4kgクラスの魚でも余裕をもってやり取りを楽しめそうです。

残念ながらそんな魚は掛けていませんが・・・。

www.tsuridehitoiki.com

 

大口径ガイド

大口径ガイドは予想通りにPE+リーダーを使うにおいてとても快適でした。

後述しますが、ロッドのパワーやこのガイドの仕様も含めてバス専用で使うのは勿体ないと思います。

 

デザイン

ブランクスやガイドスレッドなど、全体的なデザインは派手ですけど私は好きです。これをかっこいいと思うかどうかは本当に好みですね。

グリップまわりはワールドシャウラのいくつかのモデルと同じく、コルクで大きめのフォアグリップとストレートのリアグリップで、最近の国内のロッドにはあまり見られなくなった仕様です。ここも好みはかなり分かれるところだとは思いますが、フォアグリップレス&セパレートばっかりで飽きたよ〜という方にはいいかも。

リールシートはカラーはさておき(個人的には好きです)形状は私は握りやすくて好きでした。

 

各ルアーの使用感

クランクベイト

シャロークランクではLC1.5、ディープクランクではショットオーバー5や6XD、ミドルレンジ用は色々と使いましたが、個人的にはクランクベイトが最も使いやすかったように感じました。

f:id:baseballlll:20211111174437j:image

重さは10g以下はちょっと辛く、投げやすいのは12g以上です。2ozくらいまでのマグナムクランクも投げられます。

ディープクランクやマグナムクランクを引いてくるのも問題ありません。

 

スピナーベイト

1/2〜1ozがとてもキャストしやすいのですが、ティップの張りがブレードの回転を感じるのにはちょっと弱いです。よくノー感じになるので、私は好みではありませんでした。

フッキングのことを考えても、ティップとベリーにはもう少しハリが欲しいところ。

このパワー、調子のまま7ftになれば硬さ的には多分OKかな?

 

トップ

スーパースプークなどの大きなペンシルベイトを大遠投して使うのにはすこぶるイイです!すっ飛んでいきますよ。

このサイズになると遠投してのドッグウォークも難しくありませんし、ロッドの長さもオカッパリからならあまり関係ありません。操作性はイマイチでも、とにかく楽しいです。

 

ジグ&ワーム

ラバージグは3/8〜1/2ozのフットボールを使ってみましたが、適合ルアー一覧にあるこれの一体何が"最適"なのだろう???という感じです。

ボトム付近の障害物を探りながら釣っていく際に、ティップが入りやすいのですぐに根掛かりしてしまいます。ラバージグを使うのは早々に諦めました。テキサスやキャロも遠投こそ出来ますが使いにくいと思います。

ワーム系なら高比重ノーシンカーを使って沖のポイントを狙い撃ちするのなんかはいいかもしれませんね。

 

ビッグベイト

表記の適合ルアーウェイトはオーバーしますが、2ozクラスのビッグベイトも投げてみました。

f:id:baseballlll:20211111174525j:image

(写真は一誠/ハスフラット)

案外いい感じで、ロッドにタメを利かせて投げるならこの辺りの重さが上限という印象でした。

私はまだ挑戦していませんがビッグベイトシーバスゲームにもきっといい感じでしょうね。

 

まとめの感想。

旧ゾディアス176MH-Gからの買い替えで購入したこのスコーピオン1752R-2。

しばらく使ってみましたが、使った感じはとても好きです。

ただ、結局のところ個人的には用途が中途半端になってしまった・・・という印象です。ゾディアスは番手的にクセがありましたが、それでもボートに1本積むと心強い存在だったなあ〜と、買い替えてから気付いてしまいました。

この長さならもう少し硬さがあったほうが自分には合っているかな。もしくは、このままの硬さと調子で7フィートか。

だからもし次にスコーピオンを買うなら、17113か、1702がいいかなと考えています。

 

バス用として購入しましたが、ワールドシャウラと同じく”フリースタイルロッド”と銘打っているだけあって、バスだけに使用するというのは少々勿体ない気がしますね。それならばもっと操作性のよさにフォーカスしたものの方がいいと思います。

このロッドは操作性よりも、しっかりと竿を曲げて投げる、魚を寄せる、といった、もっと本質的な”釣り竿”として力を発揮するものだと感じました。7.5フィートという長さもその本質を補完してくれています。

 

私の使用シーンでは出番が少ないのですが、オカッパリで巻きモノ全般の遠投用に一本選ぶならいいロッドだと思います。

とにかく投げることの気持ち良さ、遠くにルアーを飛ばす能力、これらにかけては群を抜いて素晴らしい!と私は感じました。

リールはアンタレスDCなどの大口径スプールがいい・・・って、あまり選択肢ないですね。

アンタレスDCかカルカッタコンクエストの200くらいしかない。

34㎜でもいいかな・・・スコーピオンMGLとかDCが34ですもんね。

 

バス用として考えると、『ありそうで探してみるとなかなか無い』というロッドで、さらに実売2万円台半ば〜やや後半くらいの価格と考えるとこの使用感は大いに満足。

コストパフォーマンスは非常にいいと私は断言します。

やっぱりそこを考えると自社工場のあるところは強いですね。もちろんロッドってそれだけじゃないですけど。

 

というわけで、1/2〜1oz、上は2ozクラスまでの巻きモノやビッグベイトを遠投して使うにはとっても気持ちのいいロッドです。

2万円台半ばで買えることを考えると本当にいいです。

あとはコスメが好きかどうか・・・?

 

 

www.tsuridehitoiki.com

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ