釣りで一息。

釣りが好きです。釣り以外もいろいろ好きです。

今年よく釣れたルアーその2。(ダイワ/ソルティガ TGベイト180g)


今年、というかずっとですけど、オフショアでお世話になっているルアーです。

 

ソルティガTGベイト 180g(ダイワ)

もはや餌!

という販促シールが貼ってあることでお馴染み、タングステンのメタルジグといえばコレ!という決定版的なルアー。

 

f:id:baseballlll:20191225192403j:image

 

ショアでもオフショアでも使える幅広いラインナップと抜群の実績、そしてフォールでもシャクリでもただ巻きでも釣れてしまうという使いやすさで、誰もがボックスの中に待機させているであろうボウズ避けの守り神です。

言い過ぎかな?(笑)

 

(ダイワ公式サイト)

DAIWA : ソルティガ TGベイト - Web site

 

TGベイトは20gからのラインナップとなっていますが、80gから上は『ソルティガ TGベイト』という名称になっていて、見た目や形状もほんの少しですが違います。

 

※以前は15gが最小だったんですが、現在公式サイトでは20gからになっています。15gはひとつ持っていますが、その小ささと重さのバランスが・・・

 

f:id:baseballlll:20191225192420j:image

 

ピーナッツとほぼ同じ長さ。これは出しどころがよく分かりません。(笑)

 

特に私のボウズ回避の守護神として安定した活躍を見せてくれるのが、180gです。

使うのは近海、水深は一番深くて70mくらいまで。

青物も釣れますし根魚も釣れます。魚種問わず釣れるというのが、まず大きな魅力ですね。

 

 

使い方

スピニングタックルでも、ベイトタックルでも使っています。

基本はワンピッチとタダ巻き。

最近はスロータックルでフォールを意識しながら使っていますが、これまた実によく釣れます。

要するに何でもOK、魚がいて食い気配さえあれば何しても釣れるんじゃないかな?ってくらい。

 

フックセッティングは試行錯誤していますが、普段はフロントもリアもツインにしています。結構エビるのが悩みどころ。

 

 

カラー

どれでもいいと思いますが、1つだけ選ぶとしたらはじめの写真の右側、CHゼブラグローかな?

 

 

狙う魚種にもよりますが、グリーンゴールドが真鯛狙いで圧倒的実績を誇るのは有名ですね。

 

 

 

あえてこのルアーに不満があるとすれば、当たり前ですがタングステンジグなので値段が張るということでしょうか。

180gのメーカー希望本体価格は4,200円。お店では税込4,200円くらいで売られているところが多いですね。

これにフック、リング、スイベル代を足すとリーダーの先に結ばれているのは約5,000円分。ロストしようものならサラリーマンアングラーとしては大変なことです。同船者がサワラやハガツオを釣り上げ始めたら、一目散に回収してしまうのが無難です。

 

ちなみに今年私はここまで5つロストしました。うち4つは魚を掛けてから切られたパターンです。まあ腕の悪さに起因しているということでしょうが、思い出したくもないですね・・・。

 

今のところ、ラインナップの中では180gが最も重いものとなっています。

ボーズレスのヒデヨシのように200g以上のラインナップは出ないんでしょうかね〜?

 

 

TGベイトにも250gが出たら絶対欲しいですが、価格はいくらになるのか・・・。(笑)

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ