釣りで一息。

釣りが好きです。釣り以外もいろいろ好きです。

YETI ランブラー12ozボトル。オンにオフに大活躍!


色んな意味で安心して釣りに行けるのはいつのことやら?

ワクチンの光明が差してきていますが、まだまだ基本的な感染対策は怠ってはいけません。

でも経済がもっと回らないと・・・実は今が一番難しい状況なのかもしれませんね。

 

釣りに行っていないので釣りに関係ない記事の割合が増えていますが、元々釣り以外の記事が多いので気にしていません。(笑)

でも今回はちょっと関係ある・・・かな。無いかも。

 

YETI 

昨年の終わり頃にYETI(イエティ)というアウトドア用品メーカーの水筒を買いました。

YETIとは、アメリカ・テキサス州で2006年に生まれたアウトドア用品メーカー。社名はおそらく雪男からとったのでしょう。

主にクーラーボックスが有名です。どの製品もとにかく頑丈で壊れないことがウリであるらしく、YouTubeの公式チャンネルを見ると結構めちゃくちゃやってたり。

公式チャンネルの中には商品紹介以外にも思わず見入ってしまうような動画もあって、見ているだけでも結構楽しめます。


www.youtube.com

 

で、私がこのYETIの製品を買うきっかけとなったのが。

たまたまインスタで見かけた、大森貴洋さんのこの更新。

 

なんだかトーナメントシャツのスポンサーロゴがいつもと全然違うような・・・なんだ右胸のYETIって??

というところからだったのです。

多分このトーナメントシャツに載っている企業はMLFをスポンサードしているんだと思います。間違ってたらスミマセン。。

 

それでネットで調べてみて、ふむふむそうなのね〜と知ってから半年くらい経って、縁あってランブラー12ozボトルという、要するに保温できる水筒を購入したのでありました。

 

アウトドア用品のお店で購入したのですが、店員さん曰くYETIの人気は凄い、と。

特にクーラーボックスが売れに売れているみたいです。

 

アウトドア人気の高まりの中で、頑丈かつ想定されるシーンにしっかり調和するデザインも人気の要因なのでしょう。

クーラーボックスというと釣り人的にはダイワとかシマノが思い浮かびます。これらは性能こそいいんでしょうけど、デザインは正直言って・・・。(笑)

キャンプシーンなんかでちょっとオシャレなアウトドア用品の中に混じるともう明らかに浮いちゃいますね。まあ釣り用だから仕方ないか。

 

カラーはブラック、ホワイト、ネイビー、ステンレスの4種類があったのですが、その形と大きさからブラックとステンレスがかっこいいな、と感じました。

 

最終的にブラックを選択。

f:id:baseballlll:20210523235204j:image

うん、ブラックが一番いい。

個人的には。

 

B.A.S.S.のトップオブトップ、ブランドン・パラニューク選手も同じものを使っていました。

 

同じものを持ってるだけなんですけど、なんだか嬉しい!

 

 

 

ざっくりスペックなど・・・

容量は12oz(オンス)。

バス釣りが好きなので、オンス表記は任せろ!と、言いたいところなのですが1を超えるオンスはあまり使わないのでよく分かりません。(笑)

 

え〜と12ozということは12×28=336gです。

350mlの缶ビールサイズ1本分よりちょっと少ないくらいということになりますね。(注:のちの写真のとおり本体には12oz355mlとありました)

今からの季節に冷たい飲み物を入れて、という使い方だと少ないですが、寒い季節に温かい飲み物を入れて使うなら、特段不便を感じるほど少ないということはありません。

 

大きさはこんな感じで。

f:id:baseballlll:20210523234847j:image

ポカリのボトル、左が900ml、右が500ml。

 

外周は判りにくい写真ですが、

f:id:baseballlll:20210523234841j:image

900mlの方と同じくらい。

 

黒い部分は樹脂キャップもボトル本体もエンボスっぽい仕上げ。

f:id:baseballlll:20210523234838j:image

シルバーのステンレス部分はヘアライン仕上げ。

 

シンプルながら存在感あるロゴ。


f:id:baseballlll:20210523235330j:image

f:id:baseballlll:20210523235327j:image

こういうの好きです。

 

食洗機OK!ってことかな?

f:id:baseballlll:20210523235741j:image

中国製。12oz。355ml。

・・・えっ!?そうなの!?(困惑)

 

パーツ構成はシンプル。

f:id:baseballlll:20210524000105j:image

洗いやすい形状です。

 

利用シーン

買ってからは先月の終わりくらいまでおよそ5ヶ月くらい、ほとんど毎日使っていました。

もちろん温かい飲み物を入れて。焙じ茶、緑茶、それから時々コーヒーも。

普段はバッグに入れて職場に持っていき、休日釣りに出かけるときもタックルボックスに入れていました。

f:id:baseballlll:20210524013446j:image

 

保温力(適当です)

朝7〜8時に、沸騰したお湯を直接注いでキャップを閉めてバッグに放り込みます。

その後の経過。

 

10時頃:アツアツ。飲めない。

 

12時頃:まだかなり熱い。すする程度なら出来る。お弁当と一緒にちょびちょび飲む。

 

15時頃:温かい〜熱いの間くらい。飲みやすい。

 

18時頃:ぬるい。ゴクゴク飲める。

 

翌9時頃:冷たい。

 

飲むとき以外は蓋を閉めているという前提。

置いているときに蓋を開けた(ツマミを回した状態)ままだと温度が下がるのも当然早いです。

 

良いところ

カッコいい!

カッコいい!強そう!

 

以上!

 

気になったところ

ついつい蓋を開けたまま・・・

ツマミを回して開ける方式なので、パッと見ただけでは閉まっているのか開いているのかが判別できません。


f:id:baseballlll:20210523232826j:image

f:id:baseballlll:20210523232830j:image

(左が閉じてる状態。見分けるのは無理)

 

よくデスクの上に置いてちょびちょび飲んでいるのですが、開けっ放しにした事を忘れて出かける時に持ったり倒したりして中身をこぼしたことは何度もあります。

完全に私自身の問題ですが・・・。

 

飲み口が露出しているので・・・

これはもう仕方のないことですが、見て分かる通り飲み口が常に露出しています。

f:id:baseballlll:20210523235628j:image

 

オフショア釣行時は船の上でジグ用バッグの中に無理矢理突っ込んで置いていたのですが、当然ながら潮を被るので飲むときにしょっぱい!(笑)

また、土の上に転がしてしまったりするともう大変です。

それから今のコロナ禍では、飲み口が常に露出しているのは好ましくないでしょうね。

 

太いので・・・

車のドリンクホルダーに収まらないサイズです。

運転時はバッグに突っ込んだままか、座席に転がしてます。

 

高い?

購入価格は確か5,000円ちょうどくらいだったと記憶しています。

このとき他の色々なメーカーのものも見てみたのですが、YETIのものが一番高かった気がします・・・。

それでもトータルのデザインというか、他にないタフそうな雰囲気に惹かれたので価格は気にしてはいません。

 

とっても気に入ってます!

良いところ気になるところを挙げましたが、結局のところ、とっても気に入っています。

これから出番が無くなってしまうのが惜しいくらいに。

 

というわけで、これからの季節のために。

f:id:baseballlll:20210523224724j:image

 

26ozボトル!

つい最近、買い足しました!

 

この子がまたとってもいい具合なんです。

カラーは"Granite Gray"。花崗岩、というか御影石と言った方がいいのかな?

シーズン限定らしいです。冒頭のあたりに載せた動画で紹介されています。

これもいいでしょ?

26ozなので728ml。これに冷たい麦茶を入れて、暑い夏の助けになってもらいます!

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ