釣りで一息。

海でも淡水でも、ルアー釣り中心に楽しんでいます。

20ルビアスLTも来た!初のザイオンモノコック!

ソルティガと併せて、ルビアスも待望のリニューアル!目玉の人気シリーズが立て続けにモデルチェンジです。

 

LUVIAS(ルビアス)|DAIWAフィッシングショースペシャルサイト2020

 

ホッとしました。

何がかというと、『ルビアス 廃盤』でGoogle検索すると、このブログの以下のページが出てくるんです。

 


しかも1番目に。

タイトルとか全然関係ないし、内容もほとんどそんなことには触れていないのに・・・なんだか心苦しいというか、釈然としないというか・・・。

検索して訪れた方も、ルビアスが廃盤になるかどうかが知りたいのに全然関係ないじゃん!と思ったのでは・・・そんな私の心配?を解消してくれるNEWルビアス発表でした。

全然関係ない話ですみません。

 

確かに、バリスティックという一見ルビアスとモロ被りなコンセプトのリールが出て来て、ルビアスブランドももうそちらに移行かな?とも思えましたが(ダイワは昔からよくやりますし)、やっぱり長く続いているシリーズはそれだけ実績もあり、人気も定着しているという事の表れですから、大事ですもんね。

 

 

20ルビアスLTの特徴

機構

さて、新しくLTコンセプトとなった20ルビアスは、ついに来ました!初のザイオンモノコック。

ザイオンというダイワだけが採用する材質の、ダイワが推しに推してるモノコックボディ。ということで、これだけでもとても個性的なリールですね。

 

ローターは15ルビアスではDS5のエアローターでしたが、20ルビアスではザイオンエアローターに。ボディもローターも全部ザイオンです。

尖ってますねえ〜。

 

その他LC-ABSスプール、ストッパーレス、2BBラインローラーなど。

あとベールがシームレスになりました。これは良いですね。

 

ダイワの汎用リールは、

頂点のイグジスト(シマノならステラ)

力のセルテート(同ツインパワー)

軽さのルビアス(同ヴァンキッシュ:後述しますが位置付けは同一とは言えない)

コスパのカルディア(同ストラディック)

と各シリーズのコンセプトが分かれていますが、特にセルテートとルビアスはその方向に尖らせてこそ存在価値も増すというものでしょうから、今回のモデルチェンジは気合充分という印象です。

 

軽い!

イグジストやバリスティックと同じく、マグシールド有りのモデルとマグシールド無しのフィネスカスタム(FC)が存在します。

最小の2000番はFCのみ、2500番は両方、3000-C番から上はマグシールド搭載機のみというラインナップになっていますね。

当然、軽いのはFCモデル。

2000番が150グラム、2500番が155グラムとダイワ史上最軽量クラスの軽さです。

 

ちなみにシマノの19ヴァンキッシュと比較すると、

 

ヴァンキッシュC2000:145グラム

ヴァンキッシュC2500:155グラム

ヴァンキッシュ2500:165グラム

 

ボディサイズが同一とは言えないので一概にどちらが重い軽いは判定出来ませんが、まず同等レベルということでいいでしょう。

ヴァンキッシュはシマノのクイックレスポンスシリーズのフラッグシップであることや、リール重量はあくまでスペックのうちの一部分に過ぎないので単純比較してはいけないものの、これで定価はルビアスのほうが19,000円前後安いんです。すごっ。

 

っていうか・・・これもうバリスティック売れないんじゃ・・・。

 

デザイン

見た目は、15ルビアスの暗めのモノトーン風で落ち着いた印象から、ゴールドの差し色が目立つラグジュアリーな雰囲気に変わりました。

 

f:id:baseballlll:20200109110255p:image

(ダイワ公式サイトより)

 

また、スプールのブランキングが縦から斜めに。

16ヴァンキッシュの斜めブランキングと15ルビアスの縦ブランキングとは反対に、19ヴァンキッシュが縦ブランキング、20ルビアスが斜めブランキングとなっています。

 

そういえばストラディックも斜めブランキングから縦ブランキングに、カルディアは下の方に横ブランキングがあったのが斜めブランキングになりましたね。持ち回りになってるのかな?(笑)

でもセルテートは縦ですね。

 

発売時期は・・・

ソルティガと同じく2月!!

探してみるとこちらも予約始まってました。

 

 

スペックと実売価格を照らし合わせると、コスパすごく良いような気がするんですけど!?

 

 

後攻、シマノ。

これでダイワのリール新製品は一通り発表を終えたと考えてよさそうです。

ベイトリールではスティーズAIRが目玉で、ジリオン10とタトゥーラSVTWが脇を固めます。

スピニングリールはソルティガ、そしてルビアスと大注目のモデルチェンジ。またレブロスもLT化されてダイワの得意なロープライスリールもしっかりと揃えてきました。

一番手のジリオン10の情報を見たときは正直言ってそれほど大きな期待をしていませんでしたが、揃ってみると凄く充実していますね。

 

さて、リールでは対するシマノも間もなく新製品発表があることでしょう。

ここまで情報を小出しにして揃えてきたダイワに対し、一貫してリリース無しのシマノ。

ダイワがこれだけ充実したラインナップで先行しているだけに、シマノへの期待度も上がってきますね〜!

 

ツインパワー出ないかな〜!

無印もSWも。