釣りで一息。

釣りが好きです。釣り以外もいろいろ好きです。

鯛めしを作ってみました。初めてでもカンタン・美味しい!


こんにちは、訪問ありがとうございます。

 

もう12月なんですね〜・・・なんて、毎年言ってるような気がします。

月が替わると同時に寒さも切り替わったような、冬らしい冷え込みがこちら北部九州にもやってきました。と思っていたらまた暖かい日になったり。昨年はこの頃に一気に冷え込みましたね。

もう一段寒くなれば、七里のブリ釣りに行きたいです。

 

鯛めしチャレンジ。

さて、過日SLJで運良く真鯛を釣ることが出来ました。

何にしても美味しい真鯛ですが、さてどうしよう。

そうだ、鯛めしを作ったことがないから、やってみよう!

ということで、私にとっては初めての鯛めしチャレンジであります。

 

下処理を済ませた真鯛を一尾。

f:id:baseballlll:20211203171245j:image

大きさは25cmくらいで、うちの土鍋になんとか収まりそうです。

 

レシピはしばらくスマホをポチポチしていて見つけたこちら、

栗原はるみさんのものに倣って作りました。

 

1.土鍋に水を張って昆布を入れておく

今回はお米3合分を作りました。

まずは土鍋に水を入れておきます。

普通に鍋を使ってお米を炊くときの要領ですが、1合あたり200mlを3合分なので600ml。

そこに昆布を一枚浸けておきます。

 

2.米を準備して鯛を焼く

次に3合分、研いだお米を用意。

研いだら以降の鯛を焼く手順を終えるまでは水に浸けておきます。

続いて主役の真鯛。

塩をふり、グリルで強火で焼きます。

両面の皮に焼き目がついたらOKなので、長い時間は焼きません。

 

3.土鍋に米、調味料、鯛を投入

焼き終えたら、一旦土鍋の昆布を引き上げます。

土鍋に張っている水に料理酒、みりん、薄口醤油をそれぞれ少しずつ加えます。

そして土鍋にお米を入れ、再び昆布を乗せ、その上に真鯛を置きます。

f:id:baseballlll:20211203172135j:image

ちょっと昆布の収まりが不恰好ですが、完全に鯛めしモードになりましたね!

 

4.炊く

土鍋に蓋をし、火にかけます。

あとは鍋で炊飯するときの要領で。

まずは強火で、沸騰を始めたら弱火にして10分・・・ラスト30秒で強火にするとお焦げを作れます!→火を止めて10分。

 

どうだっ!!

f:id:baseballlll:20211203172251j:image

食欲をそそる、いい香りがしますよ・・・。

 

5.ほぐした身と和えて完成。

鯛を一旦器にとって身をほぐし、用意していた三つ葉と合わせて土鍋にIN!

f:id:baseballlll:20211203172432j:image

買ってきた三つ葉を全部入れたら明らかに多過ぎました・・・。

このときは昆布を取っちゃいましたが、せっかくなので細かく刻んで混ぜ込んだ方がよさそう。

 

混ぜて・・・。

f:id:baseballlll:20211203172544j:image

完成!

お焦げもバッチリ出来ていました。

 

いただきます!!

f:id:baseballlll:20211203172624j:image

ああ、なんと幸せな気持ちでしょう。

飽きのこない、上品な香りと味わい。たまらんなあ〜。

 

鯛めしは初めて作ってみましたが、1時間弱で出来上がりますし、手間もそれほどかからないのでいいですね。

何度でも食べたい美味しさ。

 

後日、残っていた一尾を刺身とカマの塩焼き、そしてあらでお吸い物を作ってみたのですがこれまた最高。

f:id:baseballlll:20211203173020j:image

日本のキングオブフィッシュと称される理由を、文字通り味わうことが出来ました。

 

海の恵みに感謝!

 

www.tsuridehitoiki.com

 

にほんブログ村 釣りブログへ