釣りで一息。

釣りが好きです。釣り以外もいろいろ好きです。

イノシシに遭遇@短時間オカッパリ。

前回のSLJ釣行の更新から、気がつけば3週間もほったらかしになっていました。

www.tsuridehitoiki.com

 

梅雨時期でしたが、心配していた豪雨災害が今年もやってきてしまいました。その影響もあり、釣りにもほぼ行っていませんでした。

年々、豪雨による被害の度合いも大きくなってきています。おまけに再び存在感を強めるコロナ禍。一体今年はどうなるのか、いや、来年や再来年まで考えてみてもちょっと明るい見通しは立たない気がしてきます。憂鬱なものですね。それでも普段どおり暮らせている私などは、幸せなものだと思います。

 

梅雨も明けたかな?という天気が続き、おまけに全然関係ない話ですがプロ野球が開幕してから私の贔屓球団の出来が散々なものなので、釣りに行っておかないと落ち着けない!という思いからスキマ時間に短時間オカッパリを敢行してまいりました。

 

今回はベイトPEタックル1本。

ちょっと前にアンタレスにPE4号の直結を試しました。

www.tsuridehitoiki.com

 

そのときは何の問題もなく使えることが分かったので、次はPEの号数を落としてリーダーを組んでみました。

 

f:id:baseballlll:20200722133609j:image

ロッド:ブラックレーベルSG 6101M+FB

リール:19アンタレスHG

ライン:ソルティガ8ブレイド2号+ナイロン16LB(FGノット)

 

曇っていたのと、短時間なので基本はシャロー勝負ということにして、フロッグをいくつかとビッグベイト、スピナーベイトなどを持っていきました。

 

現地到着!

久々ということもあり、気合満点で釣り開始。

 

水面ではところどころベイト(おそらくワカサギ)が跳ねています。岸際を中心にポッパーやスピナーベイトを流していきますがバイトは無し。

移動しながらキャストを繰り返していると、対岸の脇に小さな流れ込みがあるポイントへ。スピナーベイトだと流れのある場所まで届きそうにないので、一番飛びそうだったフロッグにチェンジしました。ダイワのスティーズポッパーフロッグです。 

 

目論見通りカッ飛んでいったスティーズポッパーフロッグ、流れのあるところに着水。

 

と、

 

ズバババシャアッ!!!

 

うわぁ!?(裏声)

 

けたたましい水音と共に大きなしぶきが上がりました。

が・・・フロッグはポカーンと浮いたまま。

乗らず!

 

恐らくミスバイトだろうと思います・・・音と水しぶきから察するに、相当デカかったはず。チクショー!!!!

すぐに同じポイント、左右と入れ直してみますが何の反応も無し。たった一度きりのチャンスを逃してしまいました。

実は私、恥ずかしながらフロッグというものでバスを釣ったことがありません。

フロッグだから出たのか?フロッグだから乗らなかったのか??と頭の中は全く落ち着きを失いつつ、ビッグベイトやチャターをフォローに入れてみましたがうんともすんとも言いません。

残念無念!!

 

 

 

イノシシ登場。

そのバイトを逃した数分後の話。

ちょうど水しぶきが上がった奥の陸地、木の陰から茶色い生き物がのそっと現れました。

ん?何だ?と目をやると、そこにはイノシシが!!

体高は大人の膝上くらい、それほど大きくはありません。一頭だけで出てきているようで、独り立ちしたばかりなのでしょうか。

そのイノシシはこちらを気にする素振りもなく、ゆっくりと前方の茂みの中に入っていき、私の視界から消えました。

直線距離で40mほど先ですが、私のところに来るまでには岸沿いをぐるりと周ってこなければならないために近付いてくることはないだろうと考え、特段の対処は取りませんでした。

でも、もし大型のヤツが目の前に突如現れたら・・・結構怖いですね。イノシシは鼻がものすごく利くので、外敵の近くにうっかり出てくることは少ないとは思いますが、それでも油断は禁物です。確かに釣り場では、ヘビやスズメバチなどの危険な生き物に出くわすことが多いですがイノシシは初めてです・・・。

ひとまずここの釣り場ではイノシシ遭遇リスクはあるということで、今後の警戒事項がひとつ増えました。あと万が一のためにライフジャケットはオカッパリでも着用しましょう。イノシシに追われて水中ダイブも有り得ます。

 

粘ったけど、それがいけなかった?

さて、釣りの方はベイトっ気は確実にあるのですが、時合いではないのか、様子をうかがうにベイトと同じサイズのルアーを使っていない(そもそも持ってきていない)からか、あるいは単純に腕の問題か・・・。

とにかくそのままタイムアップ。

結局バイトがあったポイントに長時間執着してしまいました。水の動きがある場所なので粘っているうちに魚も入れ替わってくるだろうと踏んでいましたがこれが甘かった。

しばらく別のところをやって、その後で再度入ってくるほうが良かったような気がします。

 

帰り道、あの水音としぶきが頭の中で反芻されて・・・。

 

悔しいです!!

釣りでこんなに悔しいのは久しぶりだ!

 

f:id:baseballlll:20200722231435j:image

 

帰ってフロッグを眺めていると、ちょっと癒やされました。唯一のバイトに持ち込んでくれたのは真ん中のスイカカラー。

ちょっとフロッグやり込んでみようかなあ。

 

釣果 カテゴリーの記事一覧 - 釣りで一息。

 

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ