釣りで一息。

釣りが好きです。釣り以外もいろいろ好きです。

アルファスAIR TW登場!公式にもアップ。

早くも!!

公式サイトにアップされましたね。

モデル名は大方の予想通り『アルファスAIR TW』。

 

DAIWA : アルファス AIR TW - Web site

 

プロモーション動画も。

 


【ALPHAS AIR TW】 REBORN|Ultimate BASS by DAIWA Vol.234

 

売り文句は・・・

ALPHASがTWSシステムを搭載し、遂に生まれ変わる。小口径φ28mmG1ジュラルミン製AIRスプールを搭載し、新次元のフィネス性能を実現。バスはもちろん山岳渓流でのトラウトのみならず、ソルトでのベイトフィネスゲームを可能にしたソルト対応仕様。ボディをフルアルミハウジングで構成し、様々なライトゲームフィッシングを想定し、開発された。(上記商品ページより)

おぉ、なかなかイイ感じ。

 

 

スペック

28mmG1ジュラルミン製AIRスプール

要するにスティーズAIRと同じ(ブランキング処理が違ってたりする場合があるので、完全同一品では無いかも)ものが搭載されると。

ここは期待していた通りですね!スプール径はもしかしたらCTと同じ30mmかも、と思っていましたが28mmを採用。

 

ソルト対応

これは大きい!前モデルのアルファスAIRもソルト対応ではありましたが、スティーズAIRが淡水専用であるためにどうかな?と思っていました。

海でのフィネスゲームにも使えるとなると、需要が拡がりそうですね。

 

フルアルミハウジング

メインフレームと両サイドプレートが全てアルミ製ということのようです(スティーズAIRはマグネシウム製)。

ソルト使用を考えるとアルミ製なのは安心ですが、重さが気になるところ。その点、今回のモデルは自重160gなのですが、フルアルミでこの自重って相当頑張ってますね。ん〜すごいぞアルファス。

 

その他

商品ページの写真で見る限りでは、メインフレームの形状は長きに渡り使われてきた今までのアルファスと違いますね。

 

f:id:baseballlll:20200330144530j:image

(ダイワ公式サイトより)

 

その他の基本スペックはギア比8.6:1、巻き取り長さ75cm、ハンドル長さ80mm、6BBといった仕様です。

 

 

 

気になるお値段は・・・?

コスパの高いアルファスシリーズ。

気になるのはやはり価格!

 

昨日アップした記事で私が予想したのは、

アルファスCTSVのメーカー定価が31,200円で、今の実売価格が27,000円前後という感じなので、メーカー定価4万円ちょっとで実売は35,000円前後くらいかな〜、と予想しますが・・・果たして!?

というものでした。

確認してみると・・・。

 

公式サイトでのメーカー定価:42,800円(税込47,080円)

 

実売は・・・もう出てる!

(※発売は5月予定みたいですね)

 

 

まだサンプルが少ないですが、33,000〜37,000円ってとこですかね。

 

 

良さそうでは?

まずルックスがアルファス史上一番カッコいい気がします。個人的に。

ハイエンドであるスティーズAIRに迫る期待通りのスペックで、ソルト対応。

で、価格はスティーズAIRの6割程度。

 

これスティーズAIRが売れなくなっちゃうのでは!?

 

リール カテゴリーの記事一覧 - 釣りで一息。

ダイワ カテゴリーの記事一覧 - 釣りで一息。