釣りで一息。

釣りが好きです。釣り以外もいろいろ好きです。

買ってしまった・・・アルファス CT SVを。

我が家にまた新たなリールが仲間入りです・・・。

それは、

 

f:id:baseballlll:20191206005344j:image

 

アルファス CT SV

 

 

軽めの巻き物用リールが欲しいなあと思っていたんですが、色々見ていくうちにダイワのCTシリーズの30mmスプールというのがどんなものか気になって、買ってみました。

 

AIR系を買うってほどではなくて、でもダイワやシマノから出てる汎用32mmスプールのリールだとちょっと物足りなくて・・・と思ってたら、あるじゃんCT、と。

 

CTシリーズは価格の高い順にスティーズ、ミリオネア、だいぶ下がってアルファスとなっていますが、スティーズもミリオネアも所謂フラッグシップなのでサラリーマンアングラーにはなかなか手が届く価格帯ではありません。

ま、本当はスティーズがいいなあとは思っていたんですが・・・アルファスも歴史の長いリールで、過去にアルファスSVを愛用していたこともあって信頼性も充分ありますし、何よりこの価格(実売2万円台半ば)でMADE IN JAPAN。

当然スティーズもミリオネアも日本製ですが、アルファスのこの価格で日本製ならもう充分でしょう!ということで。

 

ロッドにおいては日本製かそうでないかは近年それほど差が無くなっているように思いますが、リールにおけるそれは個人的に持っているものの範囲で考えるなら、まだまだ日本製とそれ以外の差は大きいと感じます。

 

 

 

開ける!

f:id:baseballlll:20191206004525j:image

 

リールもコンパクト、箱もコンパクト。

最近のダイワリールは展開図さえも同梱無しで、ペーパーレス化が進んでいます。

まあ要らない人には要らないですもんね。

 

f:id:baseballlll:20191206005305j:image

 

うーむ、アルファスだ。間違いない。

そういえば久しぶりに右ハンドルのリール買ったな。

 

カラーリングは艶のあるブラックのベースに差し色でメタリックオレンジ。

 

・・・ジャイアンツカラーじゃないか!!(笑)

 

このブラックとオレンジの配色はT3 SVと同じですね。

 

 

手に取った感じ。

ボディは・・・

うん、アルファスですね。間違いなくアルファスです。(笑)

コンパクトで握りやすい、この形状。CTっていうからスティーズみたいに小さくなったのかと思いましたが、普通のアルファスです。もともとこのボディは充分小さいですからね。

 

巻いた感じは・・・

サラサラしてて、軽くて、静か!なんだこれ?

過去のアルファスより良い!これがMADE IN JAPANのクオリティか!いや過去のも日本製ですけど。

ちょっと驚いたのは、ダイワのベイトリールでよくあるカチャカチャ音が無いこと。

あれ一体どこから音がしているのか知りませんが、どうしても安っぽく感じられてしまうんですよね。それが無いです。

スティーズは使ったことないですけど、多分しないんでしょうね。タトゥーラはうるさいくらいカチャカチャいいますし、ジリオンも音は小さいながら普通にします。釣りしてるときは気にならないんですけどね。

こりゃいいぞ〜。

 

メカニカル

メカニカルがゼロアジャスターになってるみたいです。

 

f:id:baseballlll:20191206004941j:image

 

ゼロアジャスターというと、

 

f:id:baseballlll:20191206005140j:image

 

こんな感じでサイドプレート部の内側に入っているのが特徴でしたが、今回のアルファスCTはこれまでのモデルと同様に、キャップを被せているタイプです。

が、調整しようと回してみると明らかに硬い!見た目は変えずにゼロアジャスター機能は搭載しているようです。

なのでクリック音もありません。クリック音がないのはアルファス共通か。

 

クラッチ

f:id:baseballlll:20191206004903j:image

私自身久しぶりの非TWS搭載機なのですが、クラッチを切るのと戻すのが軽いですね。

クラッチの形状や仕上げはスティーズと同じ感じ。

ここは歴代アルファスと変わりませんね。ジリオンのように滑り止めのラインみたいなのは入っていません。

この全面ツルンとしてる仕上げの方がダイワ感が強いですよね。

考えてみれば、クラッチの大まかな形状や仕上げはもう20年以上も変わってないんですねえ〜。

 

 

 

ハンドルノブ

そういえばハンドルノブも20年以上変わってませんでしたが、このアルファスCTを含め、ここ数年で出ているモデルはほとんどがこのタイプですね!

 

f:id:baseballlll:20191206004649j:image

 

これからはこちらがスタンダードになっていくのでしょう。

 

スプール

f:id:baseballlll:20191206004703j:image

G1のSVスプール!やっぱりこれですよね〜。

特に軽いルアーを投げるときの立ち上がりはこれに勝る物なし。

そして今回はスプール径が30mmですから、よりその特性がアップしているに違いありません。

 

 

早速・・・

さて、とりあえずノブにベアリングでも追加するか・・・と、思ったら!!

 

なんてこったい/(^o^)\

 

ベアリングのストックが無い!!

740ZZは使用頻度が高いのですぐに無くなっちゃいますね〜・・・。買いだめ必須!

 

 

それにしても実際に投げてみるのが楽しみなリールです。

寒いけど、ちょっと陸っぱりに繰り出してきますかね・・・寒いけど・・・。。

 

 

リール カテゴリーの記事一覧 - 釣りで一息。

ダイワ カテゴリーの記事一覧 - 釣りで一息。

 

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ